特典のあるカード決済

今やお金で支払うよりもカード決済、つまりカード支払いが増えてきています。
カード決済だと、翌月分あるいは翌々月に銀行口座から自動でひかれていきます。

今や国内では10社くらいのカード会社があります。

支払の1~3%は手数料としてお店側が負担することになっています。

消費者側には負担がないです。



ただし海外で買い物をした場合に、消費者側が手数料を負担することがありますので、海外で買い物を想定しているときには、前もってカード会社に確認するといいです。

カードを使う側の大きなメリットは、使う度にポイントがつくことです。

多くのカード会社は使った分の1%を設置しているところが多いです。


日によっては3倍、5倍といった日もあります。

例えば10000万円の買い物をした場合、100ポイント(100円)還元されます。
積りに積もるとけっこう大きな額になります。

ですから光熱費、自動車税、自動車保険など金額の高いものはたまりやすいので、これらもカード決済にしている人が多くなりました。



使い方が有効だと月に数千円になりますので、お得な制度です。


カードをつくるにはネットですぐにできます。



会員を募るため年会費無料があたりまえになってきており、祝い金として数千ポイントが還元されます。

このようにカード決済は有効に使うと便利でお得ですが、使いすぎに陥らないように、しっかりお金の管理をしましょう。
支払を滞らせていると、利子の高い延滞料を支払う羽目になります。